訪日外国人旅行者数・インバウンド系のデータをまとめてみた

訪日外国人旅行者数・インバウンド系のデータをまとめてみた

オリンピックや万博など今後もインバウンドが盛んになりそうです。一度まとめておくと後々便利かと思いまして、今回はインバウンド系のデータをまとめてみました。

訪日外国人旅行客の政府目標(訪日外国人旅行者数目標値)

訪日外国人旅行者数・インバウンド系のデータをまとめてみた1
※地方部は三大都市圏(東京・千葉・埼玉・神奈川、大阪・京都・兵庫、愛知)を以外の都市

観光庁の「観光立国推進計画」によると、2012年に制定した「訪日外国人旅行客数2,000万人」の政府目標は軽く突破し、2017年に新たな政府策定目標を掲げました。

オリンピックが行われる2020年には4,000万人、万博後の2030年には6,000万人を目指して観光立国をさらに推進するアグレッシブなプランです。

訪日外国人の消費額については2020年に8兆円、2030年に15兆円を目標に掲げています。日本政府としては、この消費額を伸ばすことで国内の経済が潤うことを期待してのことです。

国際線の就航数推移(グラフ)

訪日外国人旅行者数・インバウンド系のデータをまとめてみた2

国土交通省の国際線就航状況を元に集計してみました。集計は「週次の定期便・出発到着を1カウント」しております。

国際線の就航数の推移は右肩上がりで推移しています。2011年と2018年の比較でおよそ70%増加しています。こういったインフラの改善もインバウンドの増加に寄与していると言えますね。

近年では、東京・大阪以外の地方都市にも直行便が整備されるなど、外国から日本を訪れやすい環境整備が進んでいます。

[年別]訪日外国人客数推移(グラフ)

訪日外国人旅行者数・インバウンド系のデータをまとめてみた3

訪日外国人客数(訪日外国人旅行客)推移です。日本政府観光局がまとめているデータがありますのでそちらを参照しました。

冒頭の政府の計画と比べてみると2016年の1,800万人は前倒しで達成。2020年の4,000万人はギリギリ達成するかどうかといった感じでしょうか。何れにせよ右肩上がりで上昇中です。

2030年のプランも現状のペースだと達成可能な水準です。

[年別]訪日外国人客数・地域別推移(グラフ)

訪日外国人旅行者数・インバウンド系のデータをまとめてみた4

訪日外国人はどの国(地域)から来ているのか。地域別をランキング形式で見てみましょう。やはり地理的に近いアジアが圧倒的に多いです。

1位は中国です。人口も多いですしこれは予想通り。2〜4位の韓国、台湾、香港も地理的な近さから想定内でしょう。5位のアメリカは直行便の多さなどが要因かもしれません。

意外だったのはタイですね。無知で恐縮ですが、個人的にあまり印象になかったので・・・

北米とヨーロッパはほぼ同じぐらいの比率で推移しており、オセアニア・南米・アフリカなどはその他にまとめられるぐらいの人数ですが、どの地域からも満遍なく増えている様子がわかります。

[年別]訪日外国人客・国別ランキング(2018年)

順位人数
1中国838万人
2韓国753万人
3香港475万人
4台湾220万人
5アメリカ152万人
6タイ113万人
7オーストラリア55万人
8フィリピン50万人
9マレーシア46万人
10シンガポール43万人

訪日外国人旅行客の国別ランキングです。中国・韓国が圧倒的で台湾や香港が続きます。その後アメリカやオーストラリアなどが顔を出します。ちなみにヨーロッパで一番来てくれている国はイギリスで約33万人、ついでフランスが30万人ぐらいの規模です。

訪日外国人の訪日回数(外国人旅行客のリピート率)

訪日外国人旅行者数・インバウンド系のデータをまとめてみた5

観光庁によると来日客のおよそ40%が日本への来日が初回なのに対して、60%が2回目以上の来日経験ということで、最近はリピーターの方が多いという調査結果になりました。

日本人が、何回もハワイやグアムなどになんども訪れるのと同じような感覚で、日本も複数回訪れてもらえる国になってきたということでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です