共同管理か別管理か?共働きの家計とお金のルール

共働き世帯DINKS世帯の資産運用2

毎月の家系の管理について考えます。共働き・DINKs世帯は夫婦双方に収入があることから、毎月の家計の管理については家庭によって差が出るのではないでしょうか。

独身の時には、一人で好きにお金を使えることが一般的かもしれませんが、結婚や家庭を持ちますと一人でお金を使うことは難しくなります。

今回は、共働き世帯の方もそうでない方にも共通する家庭のお金のルールについて考えていきたいと思います。

共働き世帯が直面する毎月の家計の管理方法

毎月の家計の管理方法はそれぞれの家庭ごとによって様々でしょうが、大きく分けると3つのパターンに大別できます。今回はそれぞれのパターンごとのメリット・デメリットを見ていきましょう。

①同じお財布として管理

メリット
家庭の収入が完全に把握できる
デメリット
お金の意思決定者が2名になる(自由度の低下)

まず一つ目ですが、夫婦それぞれの収入を完全に統一して、一つのお財布で管理する方法です。例えばどちらかが家庭に入っているなどで、一方の収入がほとんどない家庭もこの管理方法に該当します。

このパターンは、家庭に入る収入を完璧に把握できることが最大のメリットですが、一方でお金の意思決定者が2名となることがデメリットです。

お金は時に意思決定の速さを求められるケースがあり、そういった場面が多い方はこちらの手法は向きません。

②完全に別に分けて管理

メリット
それぞれにお金に関する自由度が残る
デメリット
家庭のお金の状況が見えにくい

二つ目ですが、夫婦それぞれの収入を完全に別々に管理する方法です。婚姻前のほぼ全ての方が該当する管理方法で、必要な金額をそれぞれが必要なタイミングで拠出します。

この管理方法は、双方の収入が安定していれば日々の生活の自由度は増しますが、家計の規律という意味では他の手法よりも劣リます。

③共通のお財布で管理

メリット
一定の自由度と一定の家庭の収入が把握できる
デメリット
一つ目の手法、二つ目の手法と比べるとメリデメどちらも中途半端

最後は一つ目と二つめの折衷案に近い形で、共通のお財布を作りそれぞれが一定額拠出、その拠出された金額で家計をやりくりするというものです。

双方の収入に自由度を一定程度残せますが、メリットもデメリットも一言で言うと”中途半端”という点です。そのため、例えば「一定程度の交際費が必要」など、この管理方法を取り入れる場合、必要性について検証が必要です。

一般的な家庭の家計の管理方法の割合は?

私のツイッターで取ったアンケートによると、以下の割合のようです。

②が一番多いですね。私のフォロワーの属性が投資に明るい方が多いことから、一定のお金の裁量を求めているのではないかと推察します。

(ご参考)私の家庭の場合

私の家庭の場合は③共通のお財布で管理を選びました。

もちろん必要性についても議論しました。私の場合は株式市場に一定程度の資金を投じているため、機動的な資金が必要となる場合があること、そして仕事の面で定期的な交際費が必要なことからこの方法を選択しました。

一般的に共働きですと2馬力分の収入がありますので、1馬力の家庭よりも収入が多くなります。その為、それぞれが無駄遣いしてしまう可能性が排除できない為、無駄遣いをある程度排除できるように金額を明記することとしました。

まず実質的な固定費である”家賃・水道光熱費”の金額および食費などの変動費も想定金額を予め定め、明記しました。この金額内で基本的なやりくりは行い、オーバー分は双方で等しく負担するといったものです。

そして、投資・貯蓄へ一定額を毎月拠出することとしました。これにより無駄遣いを一定程度排除できることを期待しております。

共働き世帯DINKS世帯の資産運用ゼロから始める共働き・DINKs世帯の資産運用。夫婦の資産の作り方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です