有名チェーン店のセルフレジの使い方(セリアSeria・大戸屋・松屋・他のセルフレジ)

有名チェーン店のセルフレジの使い方

有名チェーン店でセルフレジの導入が進んでいます。各社でのセルフレジの使い方を紹介します。

【関連記事】
コンビニ各社のセルフレジの使い方(ファミマ・ローソン・セブン・ミニストップ他)

松屋でPayPay(ペイペイ)やLINE Pay(ラインペイ)の使い方

松屋でのQRコードでの食券の買い方(PayPay、LINEPay、他の使い方)1
松屋でのQRコードでの食券の買い方(PayPay、LINEPay、他の使い方)2
松屋でのQRコードでの食券の買い方(PayPay、LINEPay、他の使い方)3

牛丼チェーン店の松屋でPayPay(ペイペイ)やLINE Pay(ラインペイ)の使い方です。

松屋では食券を買う機械にQRコードの読み取り機を設置(順次)しており、通常の牛丼の券売機のように画面に沿って商品を選択。最後の支払い選択の画面で、現金かQRコード払いを選択することができます。

QRコード払いを選んで、自身のスマートフォンからQRコード決済アプリを立ち上げて、読み取り機にかざすと決済が完了します。

PayPay(ペイペイ)のQRコード払いの 設定方法と使い方1 【体験記】PayPay(ペイペイ)の使い方と設定方法。ペイペイのQRコード払いで実際支払ってみた。

大戸屋でのセルフレジの使い方

大戸屋でのセルフレジの使い方1
大戸屋でのセルフレジの使い方2
大戸屋でのセルフレジの使い方3
大戸屋でのセルフレジの使い方4

和食チェーンを展開する大戸屋さんでもセルフレジの導入が始まっています。大戸屋さんの場合は食事後に支払うことになります。

まず食事と一緒にテーブルに持ってこられるレシートを読み取り機に読み取らせます。そうすると金額が出ますので支払方法を選択。(ポンタポイントを付与したい場合は先にポイント付与のボタンを押して画面の指示に従います。)

支払方法で現金以外を選ぶと、更に支払方法の選択が出ますので支払いたい方法を選んでください。

支払方法の選択が終った後、画面の下の方にそれぞれの支払い方法に応じた決済端末がありますので、選択した端末を用いて決済してください。

以上で支払が完了します。

セリアのセルフレジの使い方

100円ショップのセルフレジの使い方1
100円ショップのセルフレジの使い方2
100円ショップのセルフレジの使い方3

100円ショップを展開するセリア(Seria)が、茗荷谷店で試験的にセルフレジを導入しました。今後増やすようですのでその使い方を紹介します。

セリアのセルフレジは、現在は交通系ICしか使えませんのでご注意ください!

使い方はとても簡単です。

まず、バーコードリーダーに商品を読み込ませます。次に読み込んだ商品と金額を確認して支払いボタンを押す。

これだけです。

支払い後にレシートが出ますので、レシートを受け取り商品を袋に詰め込んで終わりです。

100円ショップということで複雑な会計にもなりにくいですし、個数と金額もわかりやすい。意外とセリアは並ぶので、スムーズに会計できるセルフレジは助かります。

セルフレジと相性がよく、使い勝手もシンプルで、すぐ広がりそうな感じがします。

キャンドゥ(Cando)のセルフレジの使い方

現時点でセルフレジの情報は掴めておりません。

ワッツ(Watts)のセルフレジの使い方

現時点でセルフレジの情報は掴めておりません。

ダイソー(DAISO)のセルフレジの使い方

いくつかの店舗で試験導入しているようです。現在調査中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です