【ロボアド】ロボット資産運用の主要サービス比較(ウェルスナビ・テオ・フォリオ、他)

(ロボアド)ロボットアドバイザー資産運用の主要サービス比較

初心者にはハードルが高い投資。覚える時間もないし、プロに任せたい。そんな個人投資家の根底にある意識。もしかしたらテクノロジーの進歩で資産運用もAI・ロボットが担ってくれる時代が間も無く来るかもしれません。

ちなみにPRとか依頼されているわけでもないのでフラットな意見です。

ロボットアドバイザー(ロボアド)とは?ラップ口座との差は?

(ロボアド)ロボットアドバイザー資産運用の主要サービス比較1
ロボットアドバイザー(略して「ロボアド」)は、ロボットが投資のアドバイスや運用を行ってくれるサービスの総称です。大きく分けて「アドバイス型」と「投資一任型」があります。

アドバイス型
ロボット(ロボアド)が銘柄などを”提案”してくれます。ただし提案までしか行ってくれないため、最終的な買付(購入)は自分で行う必要があります。買付(購入)した後のメンテナンスは自分で行う必要があります。自分のポートフォリオを定期的にリバランスするのは自分自身となります。買付やリバランスを自分で行うことから、多くのサービスでロボットに委託する型よりは手数料が安い傾向にあります。
投資一任型
ロボット(ロボアド)の提供会社に口座を開設し、ロボアドが提案内容に沿った形で自動で運用してくれます。(発注〜リバランス)ロボットが運用を行ってくれるので、利用者はお金を入れた後に設問に答えるぐらいしか手がかかりませんので投資初心者でも始めやすいのが利点です。

あくまで私個人の意見ですが、投資は投資に至るまでの分析と、その後のリバランスが重要だと思っております。既存の仕組みとして「ラップ口座」という、専門家に「投資判断」と「リバランス」を全てを任せるサービスもありますが、手数料が高いのが難点です。

ロボアドは比較的安価で、その「投資判断」と「リバランス」について”助言”を得られる、もしくは一任することができますので、これまで投資に疎かった方や投資をしているけど上手くいっていない方の選択肢の一つとなる可能性があります。

ロボットアドバイザー(ロボアド)の口コミ・メリット・デメリット

(ロボアド)ロボットアドバイザー資産運用の主要サービス比較2

ロボットアドバイザーのメリット・デメリットを考えてみました。やはりメリットは投資初心者や投資経験の浅い方の敷居が低いこと。少ない資金で十分な知識量がなくても始めることができます。

反面、これはメリットばかりではなくデメリットでもあります。投資で成功している著名な投資家は、自身の経験なり判断基準を持って投資をすることで成果を上げております。ロボアドでは、ロボットがアドバイスをしてくれる分、この経験値が積みにくいというのが難点です。

また、メリットでもありデメリットでもあるのですが、ロボアド自体が2015年ごろから始まっているため、まだ運用期間も短く、顧客から預かっている資産も少ない状況です。これは想定よりも良くなる可能性も悪くなる可能性も含んでいると思います。

ロボアド自体が中長期的な投資を念頭に置いている側面があり、運用期間の浅さと預かり資産の小ささというのは一般論として長期投資に向きにくい環境にありますので、この点は留意すべきところです。

最後に手数料はロボアド全般的に安い会社が多いですが、投資対象のETFや投資信託を自分で探せば、ロボアドの手数料より安いケースも多いのでここではデメリットとして記載させていただきました。

ロボットアドバイザー(ロボアド)の口コミ

ツイッターや掲示板などから無作為に拾った口コミで多かった内容は以下の通りです。目検ですので偏りがあるかもしれませんが、参考までにはなるかなと。

  • 1%の手数料は高すぎる気がする
  • 放置するだけなのですごいなぁ
  • 意外と動きがない
  • 楽にこなせそう
  • 20代でもできそう(小額スタートという意味)

ロボットアドバイザー(ロボアド)の始め方・使い方

(ロボアド)ロボットアドバイザー資産運用の主要サービス比較3
(ロボアド)ロボットアドバイザー資産運用の主要サービス比較4
(ロボアド)ロボットアドバイザー資産運用の主要サービス比較5
画像引用:ウェルスナビより

ロボットアドバイザー(ロボアド)の始め方ですが、サービスによっていくつか差分があるものの、各社のHPなどから口座開設をする必要があります。有名どころのウェルスナビでは、口座開設前に無料診断を受けることができます。

上記の画像は、サンプルとして以下条件でシミュレーションしたものです。

シミュレーション回答サンプル
・30代
・年収500万円
・資産規模500~1,000万円
・月額積立1万円

いくつかの質問に対して、相応しいものに回答することで、自動で「自身のリスク許容度」「将来の見通し額」「ポートフォリオ」などが提案されます。

ロボットアドバイザー(ロボアド)の主要サービス比較

(ロボアド)ロボットアドバイザー資産運用の主要サービス比較8

何を持って主要とするかは難しいですが、証券会社系以外かつベンチャー系の会社に絞って比較してみました。WealthNavi(ウェルスナビ)、THEO(テオ)、folio(フォリオ)が比較的良く耳にするベンチャー系の会社です。

ベンチャー系ではありますが、既にWealthNaviは1,300億円の運用資産を集めており、規模だけで言えば大規模の投資ファンドの規模となっております。続くTHEO(テオ)は実はこの3社の中では一番会社設立が長い会社です。こちらも規模だけで言えば、中規模の投資ファンドレベルです。

folio(フォリオ)は私が調べる限り、あまり情報開示されていないのですが、LINE系から出資を受け、LINEを使ったサービスを提供するなど裾野を広げる仕掛けが上手い印象で注目のサービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です