PayPay経済圏でポイントがお得!ヤフー・ソフトバンクユーザーが得する方法

PayPay経済圏でポイントがお得!ヤフー・ソフトバンクユーザーが得する方法

ソフトバンクグループのキャッシュレス子会社のPayPay(ペイペイ)。キャッシュレス各社がしのぎを削っており、お得なキャンペーンで知られますが、ヤフーのサービス、ソフトバンクのサービス、PayPay(ペイペイ)のサービスをうまく使うことで、かなりポイントがお得になります。

これを楽天経済圏を真似して、勝手に「PayPay経済圏(ペイペイ経済圏)」と称して、うまく使うことでどれぐらいポイントを貯めることができるのか、どれぐらいお得に過ごせるのか見ていきたいと思います。

PayPay(ペイペイ)のQRコード払いの 設定方法と使い方1【体験記】PayPay(ペイペイ)の使い方と設定方法。ペイペイのQRコード払いで実際支払ってみた。

PayPay経済圏でポイントを貯める方法(ヤフー・ソフトバンク携帯連携)

PayPay経済圏でポイントがお得!ヤフー・ソフトバンクユーザーが得する方法1

この決済の最大の特徴は買い物をするときの制約が少ないこと。

還元率だけで言えば、他にも高い還元率の座組はありますが店舗に制限があったり、複数ルールに縛られたりしますが、Yahoo!カード(以下、ヤフーカード)はVISAかマスターかJCBで普通のお店で使えますし、SuicaはJR系の互換含め多くの店舗で使える決済が中心であるため買い物のストレスが少なくて済みます。

また小さい個店をPayPayが開拓してくれていますのでクレカやSuicaの使えないお店でPayPayが活躍します。

この方法でPayPayボーナスかTポイントを貯めていきます。

【PayPay経済圏①】毎月の固定費をヤフーカード払いに

PayPay経済圏でポイントがお得!ヤフー・ソフトバンクユーザーが得する方法3
PayPay経済圏の恩恵を最大限受けるには「ヤフーカード×ソフトバンク携帯」がもっとも大きな恩恵を受けることができます。

まず、携帯代金を始めとする毎月の固定費(携帯・固定・電気・ガス・保険など)を全てヤフーカードに統一します。これにより利用金額の1%のポイントが付きます。結果、毎月意識しなくとも固定費の1%相当が還元されます。

なお、家賃はカード払いに対応するところが少ないこと、水道は口座振替に割引が設定されている地域があるためここは注意が必要です。

【PayPay経済圏②】買い物はヤフーカードかPayPayかモバイルSuicaに

PayPay経済圏でポイントがお得!ヤフー・ソフトバンクユーザーが得する方法4

  • カード払い・・・支払額の1%がヤフーカードでポイント還元
  • PayPay・・・ソフトバンク携帯かヤフーカード払いだとポイント還元が多い
  • モバイルSuica・・・チャージ代金の1%がヤフーカードでポイント還元

次に、日々の外での買い物・飲食を極力「PayPay」か「モバイルSuica」か「ヤフーカード払い」に寄せます

これにより、普段の買い物で常時1%以上の還元率が期待できます。

【PayPay経済圏③】ECはヤフーショッピングかロハコ

PayPay経済圏でポイントがお得!ヤフー・ソフトバンクユーザーが得する方法5

ポイントを最大限貯めるのはここです。ECをヤフーショッピングかロハコに寄せます。正直、アマゾンや楽天が日本では強いのでマイナーな存在ですが、ヤフーショッピングは品揃えが豊富ですし、ロハコはアスクルが運営しているだけあって配送のクオリティは高いです。

一番のメリットは”やたらとポイントが付く”ことです。ヤフープレミアムかソフトバンク携帯ならポイント5倍〜10倍はつきますので使えば使うほどポイントでお得になります。

私は突発的に必要なものは(なるべく)ヤフーショッピング、定期的に使う日用品はロハコという形で使い分けています。まあついついアマゾン使っちゃうんですが(笑)

【PayPay経済圏④】ポイントがどれだけ付くか試算してみた

項目金額想定付与ポイント
食費40,000320
水道・光熱費11,00090
家具・家事用品5,000※400
被服・履物5,500※400
保険・医療7,00050
交通・通信18,500※500
教養・娯楽18,000※180
その他35,000280
合計190,0002,220

統計局の「家計調査報告(家計収支編)―平成29年(2017年)平均速報結果の概要」をサンプルに、単身者の家計のうち居住費を抜いて試算してみました。

上記の試算はPayPay経済圏の設定を実施し、特に※印の日常の生活買い物の80%程度でその支払いを行なった場合の試算です。

サンプルの試算では1月あたり2,220ポイントを得ることができ、ほぼ1ポイント=1円で利用できることから、毎月約2,220円得する計算となります。

PayPay経済圏VS楽天経済圏

PayPayポイントがオンラインでも使えるように

PayPay経済圏でポイントがお得!ヤフー・ソフトバンクユーザーが得する方法2
引用:Yahoo!Japan

PayPayユーザーに朗報です。PayPayで付与されたポイントがオンラインでも使えるようになります。近年はメルカリに押されているものの一定の存在感のあるヤフオクや、ヤフーが力を入れているヤフーショッピングでPayPayのポイントを使うことができるようになります。

オフライン(外での買い物)で貯めたポイントをオンライン(EC)で使ったり、その逆もあったりと、お得なタイミングでどこで使うかを選ぶことができます。

PayPay銀行・PayPay証券が将来的に誕生?

5月の初め、「PayPay」を冠した11件の金融サービスの社名の商標が登録された。「PayPay銀行」をはじめ、「カード」「トレード証券」「インシュアランス(保険)」「FX(外国為替取引)」など、考えられる限りの金融サービスを網羅する勢いだ。(引用:「PayPay銀行」「PayPay証券」誕生へ ヤフーとソフトバンク、自社名使わないワケより)

QRコード決済・カード決済は証券や銀行といった金融サービスとの相性が良いです。現時点では楽天に対して、金融面のサービスで劣るPayPay陣営ですが、金融系のサービスを商標登録するなど、今後の展開が期待されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です