就活に有利なバイトより投資家の方が就活に有利?

就活に有利なバイトより個人投資家の方が有利

新卒の就職活動の面接官をしていると、毎回必ず個人的に思うことがあります。

バイトリーダー多すぎ・・・!?

肌感覚的には、ほぼ全ての応募者にこの「バイトリーダー」の記述がありますが、これ本当でしょうか。

バイトリーダーって本当に存在するの?

統計局の労働力調査によると150万人ぐらいは、この新卒世代よりも上の年代の方がアルバイト・パートとして働いているわけです。

・新卒以外のアルバイト人口150万人
・大学生のアルバイト人口280万人
・高校生のアルバイト人口20万

合計450万人居る中から、就職活動をする世代がリーダーになれる確率ってどれくらいですかね!?

少なくとも5人面接して全員がバイトリーダーってまずありえないと思うんですよね(※個人の見解です)

雇用側・マネジメント側からすると「フリーター」や「パート」など、学生よりも時間の都合が効く就労者の方がリーダーとしては任命しやすいのではないでしょうか。

また、会社員ですら年長者のマネジメントには苦労することが多く、それに関する書籍なども出版されるくらい難しいものであるにも関わらず、学生がこう言った年長者のアルバイトに対してリーダーシップを発揮できるとは思いにくいです。

ということで、新卒の採用面接における”バイトリーダー”は極めて限定的な環境下での産物と私は捉えています。

一方でバイトリーダーというのは、面接官からすると見分けがつきにくいのも特徴です。その為、学生からすると履歴書に書きやすく面接の訓練で誤魔化しも効きます。これがバイトリーダーが量産される原因だと思います。

就活に有利なバイトなど存在しない?アルバイトは無駄?

就活に有利なバイトより個人投資家の方が有利2

就活に有利なバイトを検索すると、実に50万件以上の検索結果が出てきます。それだけ大学生からすると就活は大事なイベントなのでしょう。

個人的な感想としては、就活に有利なバイトなど存在しないと思っています。

そもそも、就職活動で面接する側(面接官)と面接される側(学生)で、学歴や英語力、IT力など単純なスペック比べをした時に学生が全敗するとは思っていません。

ITのツールが発達し、最新の情報にすぐにアクセスでき、グローバル化が進んだ今の学生の方がはるかに優秀です。多分面接官はスマホを使いこなせないですし、英語も喋れない人も多いです。

にも関わらず、就労経験という確実に劣る能力で勝負したがる学生が多すぎます。その弊害がバイトリーダーでしょう。

学生個人投資家は就職活動に有利?

就活に有利なバイトより個人投資家の方が有利3

一般的にビジネスでも言えることですが、一番大事な”人物”に色々なものが「掛け算」されていってだんだんレアな人物(レアカード)化するのが社会人だと思います。

社会人だと相対的に学歴のウェイトが薄れていって、掛け算の??部分に経験や人脈が加算されていくイメージです。

新卒の採用面接だと、学歴のウェイトが高くて人物でカバーする人や??のスペシャルな経験を持った人が有利に働きます。

この??の部分について「投資」というのは有利なんじゃないかと私は思っています。

最大の理由は既存の社会人もろくに投資をしていない

個人投資家の人口と推移を調べてみた個人投資家って何人いるの?投資人口と推移を調べてみた。

以前の記事で個人投資家はおよそ2割ぐらいという推計をしました。実際のアンケート調査でも株式投資をしているのは13%という調査結果もあります。

また一般論として年齢が上がった方が投資人口が多いことからも、学生×投資家というのはそれだけでレアカードでしょう。

私自身も学生投資家として、就職活動をしていましたが、面接では有利に働くことが多かったです。

自然と業界研究ができるので就職活動の負担が減る

就職活動の時に、ほぼ全員と言っていいほど企業分析や業界分析を行います。

多くの学生がインターンが盛んになる2~3年生、もしくは4年生の直前で慌ててやっていることが、投資家なら普段からしているので慌てる必要がありません。

また実際に私の実体験からですが、「大学の投資サークル」の学生を面接すると、業界研究と質問が明らかに他の学生のそれとは異なり、強く印象に残ります。

あとは相手も油断して居るので、会社説明会で投資先の情報を聞けるかもしれません(笑)

まとめ

就活に有利なバイトなんてやるぐらいなら、バーチャでもいいので投資をした方が就活には有利に働くと実体験から感じます。親戚の子がその時期になったらそれとなく教えてあげようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です