個人投資家って何人いるの?投資人口と推移を調べてみた。

個人投資家の人口と推移を調べてみた

先日、同僚との飲み会で投資の話になりました。

日々twitterやブログで株漬けの私からすると「えっ、こんなに投資って一般的にはしないの?」という印象を受けました。

日本人は投資に疎いとよく言われますが、実際個人投資家ってどれくらい居るんだろうとふと気になりまして調べてみました。

東証の調査レポートによると5,219万人

個人投資家の人口と推移を調べてみた1
個人投資家の人口と推移を調べてみた2

株式投資の”公式”とも言える東証の2017年の調査によると、個人投資家は5,129万人のようです。

ただし、これは「各上場会社の株主数を単純に合算した延べ人数」であるため、名寄せなどによるユニークな人数を表しているとは言えず、公式のレポートであるものの実態よりもやや過大な数字かもしれません。

2017年度の全国4証券取引所上場会社(調査対象会社数:3,687社)の株主数合計(延べ
人数、(注)参照)は、前年度比166万人増加して5,272万人となった。また、全体の97%
を占める個人株主数は、前年度比162万人増加して5,129万人となり、4年連続で増加すると
ともに、初めて5千万人の大台を超える結果となった。
(引用:2017年度株式分布状況調査の調査結果について<要約版>

日本証券業協会のアンケート調査によるとおよそ20%前後

個人投資家の人口と推移を調べてみた3

平成27年に日本証券業協会が7,000名を対象にしたアンケート調査によると、預貯金以外の金融資産を有している方は、株式で13%、次に投資信託9%となります。

これも複数回答ですから正確には言えませんが、およそ個人投資家の割合は20%前後ではないでしょうか。こちらの方が実態に近いかもしれません。

地域別株式投資割合

個人投資家の人口と推移を調べてみた4

都道府県別まではデータがありませんでしたが、地域別はありました。やはり大都市圏の投資割合が高いですね。北海道や東北、九州・沖縄の割合は低いようです。

金融資産分布

個人投資家の人口と推移を調べてみた5

成功している個人投資家を見ると、感覚が狂いますが、やはり多くは100万〜300万という金融資産が多いようです。

大手証券会社の口座数からの推計

個人投資家の人口と推移を調べてみた6
大手証券会社の口座数から見て見ると、一番大手で500万人規模。特に個人投資家が多いと思われるネット証券最大手のSBI証券が426万となります。

多くの個人投資家が1人で複数口座を持って居るはずですから、先ほどの5,000万人の調査が本当であれば逆にもう少し口座数がないと説明がつかないので、やはり5,000万には過大感があります。

やはり2割ぐらいというのがしっくりきますね。

まとめ

やはり個人投資家というのは定量的なデータから見ても、少数派に属して居るのでしょう。うっかり外で資産などを話してしまうと8割の人からは白い目で見られてしまうかもしれませんので注意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です