年収500万の資産運用・資産形成(手取りや所得税や住民税から考える)

年収500万の資産運用・資産形成(手取りや所得税や住民税から考える)

年収500万で資産形成を考えてみます。

2017年のサラリーマンの平均年収はを少し超えた水準で、大卒などが到達しやすい年収となります。大学全入時代を考えるとある程度は平均と呼べる水準かと思います。

多くの人に当てはまる水準ですのでじっくり見ていきます。

年収500万の手取りと所得税・住民税(目安)

年収500万円の年間の手取り390~420万円
年収500万円の所得税約15万円
年収500万円の住民税約26万円
年収500万円の毎月の手取り33万〜35万

年収500万円の手取りの目安は、手取りで390~420万ぐらい月あたり33万〜35万円ぐらいが目安となります。この金額であれば、贅沢をしなければ投資を考えれられる水準にあると思います。

年収500万の家計・家賃等のサンプル

単身者金額
給与収入33万円
家賃△8万円
水道光熱費・通信費△2万円
食費・雑費△6万円
残額17万円

年収500万で手取りを計算しますと、約33万円の手取りとなります。仮に生活費を年収400万の人たちと同様に毎月16万以下で抑えたとすると、月に17万円程度の貯金・投資余力があります。

こちらの金額は、新卒で都内の一人暮らしをしていて昇給を続け、生活水準を上げなければ実現可能な水準にあると思います。

ということで、この項では単身者の年収500万で実現できる年間の投資余力の前提は200万円とします。

年収500万の単身者による1億円の資産の実現性

年収500万の資産運用・資産形成(手取りや所得税や住民税から考える)1

年間200万を投資し続けられると年率3%で運用できた場合、約40年で1億円に到達します。2%の場合ですと同じ期間で0.8億円になります。

この2~3%の運用の実現性ですが、短期では変動はあるかもしれませんが、過去10年の上場企業の配当利回りを見ますと、平均2%程度は期待できますので、配当金再投資を前提とするのであれば決して不可能ではない水準です。

早い段階でこれらが顕在化した方は複利の面で大きく不利にはなりますので、その場合は実現性は低いと言わざるを得ません。

年収500万×2馬力の共働き・DINKS世帯による1億円の資産の実現性

共働き・DINKS合計
給与収入33万円33万円66万円
家賃△6万円△6万円△12万円
水道光熱費・通信費△2万円△2万円△4万円
食費・雑費△5万円△5万円△10万円
残額20万円20万円40万円

同じ年収500万で2馬力の場合は世帯年収が1,000万を超えてきますのでだいぶ景色が変わってきます。

年収400万円の記事でも家賃12万で試算しましたが、500万でも同水準の家で十分と言えるため、月々の費用は据え置きとしました。

賞与月などがありますので単純計算となりますが、月間40万ぐらい浮くとすると年間480万ぐらいの投資余力を産み出すことができます・

年収500万の資産運用・資産形成(手取りや所得税や住民税から考える)2

2馬力で年間480万円を投資に捻出できるというのは驚異的です。これでも結婚はコスパ悪いって言いますかね?かなり景色が変わってきます。

2馬力の場合は、「子供」「家」「車」などにより、進捗は変動しますが、2馬力継続前提であればおそらく達成できます。

年収500万の資産形成まとめ(おすすめ)

1馬力でも大きな資産を作れるギリギリの水準が年収500万円だと思います。また世帯年収が1,000万を超えてくると、年間480万ぐらいの投資余力を産み出すことができますので、資産形成のスピードはさらに増します。

これぐらいの年収を双方で産み出せると2馬力の方がコスパが良いと思います。

その他の年収別資産形成・資産運用

年収別の資産運用に関する記事
年収300万の資産運用
年収400万の資産運用
年収500万の資産運用
資産形成関連記事
①年収別の手取り一覧早見表
②配当金で資産形成を加速しよう
③401kで資産形成を目指す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です