1分でわかるNISAとiDeCo(1分でわかる小額投資非課税制度と個人型拠出年金)

2014年から”貯蓄から投資”を合言葉にNISAやiDeCoなどの新しい制度がリリースされております。色々な雑誌で目にされた方も多いと思いますが、新生活を期に新たに投資を考える方向けに、1分で大枠がわかるよう比較表を用意しました。

これらの制度は該当する人、しない人がいますので自分がどれに該当するのか一目で確認いただければと思います。

これより詳しい情報はいくらでもネットに溢れているので、これで興味を持った方はぜひ検索を!(笑)

1行で語るNISAとiDeCo
運用利益にかかる税金(約20%)が非課税になる制度

NISAとiDeCo比較表

極力シンプルに比較してみました。対象期間や加入年齢制限、税制メリットの期間が異なります。また3つのNISAはそれぞれ現時点では排他です。iDeCoと NISAは排他ではないものの、他の確定拠出年金制度などに既に入っていると入れないなどの加入制限があります。

NISAの種類を比較

3種類のNISAについて詳細比較です。まだ投資をしていない人やNISAの制度に疎い方からすると難しいのでシンプルに言うと、

・大人ならNISAか積み立てNISA
・子供ならジュニアNISA

となります。大人の場合は投資スタイルや現在の資金により決定するのがいいでしょう。これもシンプルに言うと、

・40万円以上買いたい銘柄がある場合はNISA

ではないでしょうか。

iDecoとは?iDecoとつみたてNISAとの違い・比較

NISAとiDeCoは明確に制度が違い、年齢以外の加入制限があります。大きな差はiDeCoの方は所得からの控除がある点です。そのため、現役中の節税効果も大きく有利な反面、加入制限や自営業・主婦など属性により投資可能な枠に差があります。

自分が加入できるかなど気になる方は以下へ!アフィリエイトでもまわし者でもありません!(笑)

参考 iDeCoシミュレーションモーニングスター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です